ナカガワのナカガワ

下高井戸にある北海道中川町のアンテナショップ

中川町の森を歩く中で、「キツツキが虫を捕食するために開けられた穴が森の生態系において欠かせない」という話を聞いた。個体数が少ないながらも生態系へ大きな影響を与えるキーストーン種の振る舞いが、森の様々な動植物に連鎖していく現象。その現象のように、中川町のアンテナショップも、いわゆるお店っぽいものではなく、小さいながらも下高井戸の日常の中に溶け込んでいける場になれないか考えた。下高井戸も見た目は違えど、森の生態系のように様々な異なる建物や年齢層、人々が混じり合っている。町の看板や中川の魅力を伝える商品、工芸品を引き受ける屏風のような建具が、中川が下高井戸へ手紙をしたためるような対話の媒体となることを願っている。

  • 設計
  • 意匠設備
    冨永美保 + 林恭正/tomito arachitecture
  • 協力
    黒田晃佑・門井 慈子/飛騨の森でクマは踊る/Hidakuma
  • 工事
  • 監理
    冨永美保 + 林恭正/tomito arachitecture
  • 施工
    ROVECE
  • 森のディレクション
    黒田晃佑・門井 慈子/飛騨の森でクマは踊る/Hidakuma
  • 写真
  • 撮影
    三嶋 一路
  • 概要
  • 所在地
    東京都世田谷区
  • 主な用途
    アンテナショップ
  • 建築面積
    -㎡
  • 延床面積
    -㎡
PROJECTS一覧へ