アートラボはしもと再整備プロジェクト

マンションの展示場ギャラリーを再利用して、さがみはら地域の【活動の交差点】として活動を展開してきた〈アートラボはしもと〉。

そこでは、大学生や近所の子供たち、商店街の店主などさまざまな興味・特技・目的をもつ多様なプレイヤーが、アートをきっかけに土地の資源を発見し、みんなで手を動かす中で、この土地でしか生まれない物語を編み出しています。

このプロジェクトは、老朽化により取り壊される展示場ギャラリー跡地に〈アートラボはしもと〉を再整備するものです。

みんなの「つくる」「過ごす」をきっかけに、まち・ひと・出来事が豊かに混ざりあってゆく、100変化するアートラボを考えています。

公園のような、ラウンジのような、工房のような、シアターのような、……

美術館というプログラムから抜け出したときに起きる、多様な活動の連続が、長い時間軸のなかで、出来事の立面としてまちの風景となっていくことを目指します。

  • 設計
  • 発注者
    相模原市
  • 建築
    冨永美保・畠山亜美・藤城滉俊/tomito architecture
    常山哲男/ANT空間研究所
    川見拓也/川見拓也建築設計事務所
  • 構造
    鈴木芳典/TECTONICA
  • 設備
    山下直久/コモド設備計画
  • 積算
    小川悟史/二葉積算 
  • 概要
  • 所在地
    神奈川県相模原市緑区
  • 構造
    重量鉄骨造2階建
  • 敷地面積
    990m²
  • 延床面積
    1250㎡
PROJECTS一覧へ