庭が回る家

00-2

柔らかな陽がさしこみ、風が穏やかに通り抜ける、庭のような余白がぐるりと回る家の提案である。カラッとした豊洲の、環境そのものに暮らして いる実感が生まれる住まいを目指した。 多様な日照、通り抜ける風、点在する水場という要素に加え、人を招き入れられる動線を重ねて考えると、庭にぐるりと包まれている回廊形式が浮かび上がった。 玄関を開けると前庭と呼ばれるワークスペースがあり、趣味や仕事への活 用や、気軽に人を呼ぶことができる。細長い通庭を曲がった先には 大きく明るいリビングがある。キッチンに立つと背中一杯に自然光を感じ、振り向けばすぐバルコニーへと出られる。最も奥にある寝室から、生活の場となるリビング、キッチン、庭としての土間空間を階段状に連ならせ、近いのに遠い、遠いのに近いというように感覚としての距離を調律している。 ベッドに横たわれば、インテリアから都市へと連続する大きな風景が、L字窓一杯に広がっている。

庭という空間言語を介した動線の再編によって、マンションにおける諸室と外部の慣習的な関係を書き換える。その先には、環境と対話しながら暮らす豊かさへの可能性が広がっているように思う。

02 03_2 03 04

庭_図面-0207-2 11 10 09 08 07

内装設計 tomito architecture
所在地:東京都江東区豊洲 5 丁目
売主・販売代理:三井不動産レジデンシャル株式会社
売主:三井物産株式会社
設計施工:株式会社 大林組
専有面積:81.31 m²
バルコニー面積:18.25 m²
サービススペース面積:6.32 m²
マンション名称:パークホームズ豊洲ザレジデンス
内装設計期間:2015 年 4 月 -2016 年 1 月

写真:大高隆(1枚目のみ三井不動産レジデンシャル株式会社 提供)

 

<publication>
新建築 2015年6月号
新建築 2017年2月号
みんなの住まい『部屋ナカに「庭」をつくる? 斬新マンションが生まれるまで。』

<award>
第9回三井住空間デザインコンペ 最優秀賞

 

150227_最終パネル

11

12

13

上から_IMGP9911

 

© 2015 tomito architecture(トミトアーキテクチャ)